• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

ラジエターファンの改造 その1

Category : MBM006 Worklog
今年初めての更新になります。
かなり遅くなりましたが改めまして、

あけましておめでとうございます。


昨年後半はブログもModもすっかり放置してしまいましたが、年末に何とか奇跡(?)の復活を遂げることができました。
それもこれも当ブログを読んで下さる方々、コメントして下さる方々のお陰であります。
本当にありがたいことでございます。

今年の予定としましては、なるべく早くSOLOの改造を済ませてしまって、MBM004とMBM005にとりかかれたらいいなあ~、と予定なんだか願望なんだかよく分からない、イマ風に言うとゆる~~い感じの予定で行きたいと思っています。
皆様どうぞ期待せず気長にお付き合い下さい。






さて、前々回に改造したラジエターのファンですが

IMG_4616.jpg

このままだと設置する場所の真上にあるHDDの取り付けボルトと干渉して使えません。

チャンネルを少し加工してファンを下げてやれば使えないこともないのですが、色々考えた結果、作り直すことにしました。



で、今度はアルミのチャンネルではなく、Φ6mmのアルミパイプを使います。

まず、パイプの真ん中にリューターで切れ目を入れます。
IMG_4761.jpg



切れ目の両サイドに更に切れ目を入れて、
IMG_4763.jpg



マイナスドライバーでこじって切れ目を開きます。
IMG_4765.jpg




ヤスリとリューターのサンディングドラムで仕上げるとこんなかんじになります。
IMG_4770.jpg




このパイプの両端をバイスにはさんで潰して、
IMG_4772.jpg




潰した部分にM3のネジ山を開けたあと、チャンネルをファンにはめ込んだ時と同じ要領でファンに取り付けます。
IMG_4774.jpg
今回ははめ込むだけでなく、グルーガンを使って固定しました。





完成!
IMG_4777.jpg




回してみた。
IMG_4781.jpg




ケースにつけてみた。
IMG_4783.jpg
今度は干渉もなく大丈夫そうです。





ファンをフレームレスで使うと決めた時から薄々感じていたことなのですが、今回実際にファンを回してみると、かなりファンのサイドから風が逃げていて、ラジエターを通過する空気が減少してしまうように感じられました。

そこで、ラジの反対側にもファンをつけていわゆる"Push-Pull"にしたいと思います。

そこら辺の改造を次回紹介したいと思います。



それでは今回はこの辺で。

Posted by MooderBone on 11.2013   0 comments   0 trackback

ラジエターファンの改造 その2

Category : MBM006 Worklog
前回の続きです。

IMG_4783.jpg

前回つけたファンの反対側(下側)に吸い出し方向でファンを付けるのですが、吸出し方向と言うことは取付面に対して前回とは反対向きにつけないといけないので、同じ方法では取り付けできないですね。

というわけで、前回の応用になるのですが、アルミパイプをベンダーで曲げてやって取り付けようと企んだわけです。
ちなみにアルミパイプをパイプベンダーで曲げるのは初めてです。



で、結果がこのザマです。
IMG_4788.jpg

Φ6mmで肉厚0.5mmのアルミパイプを曲げたのですが、まず、普通に曲げるとパイプベンダーを使っても曲げ部分で潰れてしまいます。
まあ、これは予想していたことなので次の手に移ります。


次はバーナーで炙りながらゆっくり曲げてみましたが、炙り過ぎてパイプが溶けましたW(写真一番下のやつですね)
いや~~アルミって結構簡単に溶けちゃうんですね~びっくりしましたw


今度は炙り過ぎないように慎重にやってみました。(写真真中のやつです)
若干潰れたもののまあ何とか曲がったのですが、炙った部分が変色してしまいました。
今回は塗装はしないつもりだったので、これはダメですね。
ちなみに表面だけでなく中まで変色しているのでサンドペーパーがけくらいではとれません。


変色しないように再度挑戦してみますが、炙りが足りないと潰れてしまいますね。(写真一番上)



ここでギブアップです。
私のスキルでは無理と判断して、使い慣れたOSTパイプ(油圧配管用精密鋼管)という鉄パイプを使うことにします。
MBM002で沢山使っているパイプです。


このOSTパイプはベンダーを使うと潰れることなく簡単に曲げれて、鉄なので強度もそこそこありつつ加工も容易、継ぎ目もなく表面もきれい、パイプ径も正確といいことだらけの素材であります。

ただ名前の通り本当の用途は油圧で作動する機械等の油圧配管用なので、ホームセンター等で気軽に買うといったわけにはいかず普通の人には入手困難だと思います。
大人の事情でw詳しくは書けないのですが、私は仕事柄手に入っちゃったりします。

ちょっと調べてみると、ネットの通販で少量販売しているところがいくつかあったので、どうしても欲しい方は問い合わせてみるといいかもしれません。




では早速曲げます。
IMG_4793.jpg



切り口にM5のタップを切ります。
IMG_4796.jpg



前回のアルミパイプ同様真ん中に切れ目を入れて開きます。
IMG_4799.jpg
鉄パイプなのでそのままほっとくと錆びちゃうので塗装しました。
アルミパイプの質感に合うようにシルバーメタリックにしてみました。




フレームからカットしたファンにはめ込んでグルーガンで固定します。
IMG_4800.jpg




ラジについていたアングルに先にファンをつけときます。
IMG_4803.jpg
ボルトの頭が飛び出ないように皿ネジを使うのですが、スペース的に皿モミするのがきついので小頭タイプのアルミサッシビスというのを使っています。



ラジにつけました。
IMG_4810.jpg


IMG_4812.jpg





ケースにつけると、
IMG_4815.jpg

IMG_4820.jpg





次回はラジの排気を直接ケース外に出す方法を考えたいと思います。





追記

アルミパイプ(Φ6mm肉厚0.5mm)の曲げに失敗した後日、ホームセンターで肉厚1.0mmのアルミパイプを発見しました。
あと、色々調べた結果、パイプに砂を詰めるとつぶれにくいらしいので、これまたホームセンターでハムスターの砂浴び用焼き砂も購入、パイプに詰めて曲げてみました。


IMG_4822.jpg

ほんの少し潰れてRも少しだけ小さくなりますが、なかなかキレイに曲げることが出来ました!



ただ油断すると・・・、
IMG_4825.jpg
折れちゃいますw
難しいもんですね・・・・・。
Posted by MooderBone on 13.2013   8 comments   0 trackback

ラジエターの排気 その1

Category : MBM006 Worklog
MBM006ですが、ラジの取り付けまで出来てました。
今回はラジの排気をケース外に直接出す方法を考えます。


まあ、普通に考えるとラジが下を向いているので底板に穴をあけるのが一番簡単なのですが、今回はできません。

なぜかというと・・・・、

IMG_4820.jpg

この三連ファンのせいです。

なんでここにファンが3つ並んでいるかというと、カッコいいからです。
・・・・・ええ、ただそれだけの理由です。
三連ファンは正義です。

でもカッコだけではあまりにもアレなので、何とか機能させるように考えます。



最初に考えたのが、後ろ側の2連ファンとあわせて5つのファンでラジの排気を行うというものですが、問題が少々・・・。

一つが排気にするとファンの向きが裏返しになってしまうこと。
ちょっとカッコワルイ。

もう一つが、デスクトップPCはデスクトップに置くべきだ!というどーでもいいような、でも私にとっては重要なこだわりから、完成したら机の上で使うつもりなので、なまぬる~い排気がキーボードの手元あたりに来るのはいかがなものか?という問題。


以上の理由で表側の三連ファンは吸気で使うことにします。



ではラジの排気をどこへ逃すか?というと、ダクトを作って後ろ側に排気させることにします。

ただ、裏側の8cm二連ファン、
IMG_4786.jpg
こいつらはあまり意味が無い様な気がします。
意味が無いどころか、ラジにすでにプッシュ・プルで12cmファンが2つ付いているので、排気の邪魔にしかならないような気がしてきました。

いつもなら「気のせい気のせい」とそのまま進めてしまうところですが、今年の無駄骨男は一味違います。
ネットで色々調べてみると排気ダクトの入り口と出口両方にファンを設置するのは意味が無いという情報をキャッチします。
しかも今回使うDEEPCOOLのファンは8cmファン2つより12cmファン一つの方が風量が多い様です。

やはりコイツらは邪魔者である!ということで撤去と相成りましたとさ、めでたしめでたし。







では、ダクトの作成に入ります。
ここでもいつもならいきなり板をカットして適当に作り始めて、後で色々と辻褄が合わなくなってしばらく放置、というパターンにはまるのですが、ひと味ちがう無駄骨男は今回は珍しく慎重にダンボールで試作してみます。

IMG_4839.jpg

なんとなくうまくいきそうなので、なんとなくアルミ板とアングルで作ってみます。

DSC_0018.jpg

なんとなく出来ました。
こうやってブロクに書くとあっという間ですが、実際には一ヶ月近くたってます。
光陰矢の如しであります。



ダクト部分が丸見えなのは恥ずかしいのでアルミのエキスパンドメタルで隠します。
丸見えからスケスケになるだけでどっちが恥ずかしいのか微妙な問題ですが、私はどちらかと言うとスケスケのほうが好みです。
DSC_0206.jpg
ラジのホースをかわす部分を切り欠いてエキスパンドメタルの端をフラットバーでサンドイッチします。


DSC_0209.jpg
DSC_0214.jpg

サンドイッチしてできた隙間をマザーボードトレイの下に取り付けてあるアングルに差し込みマス。



後ろからみると、
DSC_0211.jpg

こんなかんじですね。


ここで唐突に次回へつづく・・・・。
Posted by MooderBone on 05.2013   4 comments   0 trackback

ラジエターの排気 その2

Category : MBM006 Worklog
え~~っと・・・。
ダラダラ作業をしているせいで、記事にしようとする内容と実際の作業の進み具合がかなりずれていて、よくわからなくなっている無駄骨男です。
皆さんこんばんは、ごきげんいかがでしょうか?


前回の作業の続きですが、

DSC_0209.jpg

取り敢えずこんな事になっていましたね。




で、写真ではラジのファンが付いてないですが、以前の記事で取り付けたのを紹介した気がするので、ラジの上下にファンがあると各自で想像してもらうとして、問題はここからです。








DSC_0727.jpg
突然ですがアクリルを曲げます。

世間には”アクリル曲げ加工用ヒーター”なるものが存在しており、自作している方もかなりいるようですが、アクリルの曲げ加工なんかしたことないのにそんなものがうちにあるはずもないので、
取り敢えずうちにあるヒートガンを使って鉄の丸棒の上で温めてみました。



DSC_0732.jpg
作業途中は写真を撮ってる余裕なんかなかったのでいきなり完成しちゃってますが、一度目はアクリルの長さが足りなくて二度目のトライで何とか形になりました。
曲げ部分のRはかなりキタナイですがアクリル加工は苦手なので贅沢は言ってられません。

あとはヤスリとペーパーでエッジを仕上げますが見えなくなるので、こちらもかなりテキトーです。




で、コイツをどうするかというと・・・、

DSC_0875.jpg

ラジの下にはめ込みます。これでラジの排気をケース内にぶちまけることなくダクトを通ってケース裏側側面より排気することができます。





以上でラジエーター設置関係の改造は終わりです。

次回からは、もう作業はちょこっと進んでいるのですが、フロントドアまわりの改造に移ります。
Posted by MooderBone on 17.2013   2 comments   0 trackback

フロントドアの改造 その1

Category : MBM006 Worklog
今回は珍しく(?)前回の予告どおりフロントドアの改造です。


このSOLOの改造ですが、モロモロの諸事情がありまして倒立仕様になっております。


IMG_3875.jpg


が、フロントドアはオリジナルのままなのでケースの開放サイドと反対側に開くようになっています。

私個人が使う分には完成後頻繁にフロントドアを開けることはないと思うので、どっち側に開こうがどうでもいいんですが、なんとなく気分的に引っかかるものがある様な無いような・・・。


というわけで、取り敢えず反対側開きにしてみたいと思います。





まず、ドアの裏側をじっくり観察します。

DSC_0735.jpg

裏から見て右サイドに3ヶ所ドアを閉めた時に引っかかるツメがあります。
ここを使って丁番を取り付けることにします。



DSC_0861.jpg

まず、加工しやすいようにツメか付いているサイドスリット部分をドアから外して、ツメを短く切ります。
ニッパーでパチパチ切ったあとヤスリでゴシゴシ仕上げます。




DSC_0870.jpg

アングルとフラットバーをカットしてツメと同じピッチで穴あけをします。
アングルはΦ3.5mmのキリ穴、フラットバーはM3のネジ穴です。
あと、爪の部分にもΦ3.5mmのキリ穴を同じピッチで開けときます。




DSC_0874.jpg

これらを組み合わせます。
アングルとフラットバーでツメを挟み込む形になります。
ネジ穴を開けたフラットバーがナット代わりになってます。

その後、適当な位置に丁番を取り付けます。

DSC_0905.jpg

今回使ったのは”抜き丁番”という抜き差し出来る丁番です。
オリジナルのドアと同じように簡単に抜き差し出来るようにとチョイスしたのですが、結果的に抜き差しできなくなってしまいました。



DSC_0909.jpg

木工なんかで丁番を取り付けたことがある方はご存知だと思いますが、丁番の回転軸がドアの縁と同じかより外側につけないとドアを開けた時にドアの縁があたって開けない、もしくは閉じた時にドアと壁の間に隙間が開いてしまうんですね。
ちなみにSOLOのオリジナルは、ドアの縁をR上に切り欠いてあって開けた時に当たらないような形状になっています。


で、今回もドアの縁を削って丁番の回転軸が外に出るようにしたのですが、その状態で抜き差し出来るようにするにはドアの縁の丁番取り付け部分の削りを上もしくは下方向にもっと大きく取らなければならないのであります。
そうすると当然見た目が悪くなってしまうので、今回はドアの簡単取りはずしは諦める事になりました。



DSC_0878.jpg

ドアをケースに取り付けるとこんな感じです。



DSC_0880.jpg

裏側はこんな感じで丁番の回転軸が見えています。

この回転軸部分が見えなくなる”スライド丁番”なるものがあったりしますが、サイズが大きくなっちゃうので残念ながら今回は使えません。



あとはドアを閉めた状態で固定出来るようにラッチをつけるのですが、ラッチが手元にないので後まわしにします。




次回はドアの5インチベイ開口部分にファンを付けたいと思います。




Posted by MooderBone on 20.2013   2 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

MooderBone

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。