• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

E-Value コード式ドリルドライバー ED-100AKN

Category : Tools
今週になって4日連続で9時半就寝7時起床という、とっても良い子のMooderBoneです。
まあ、娘を寝かしつけながら一緒に寝てしまうだけなのですがw。

これだけ睡眠時間を取ると、さすがに仕事中も眠くならずバリバリ仕事が出来るのですが、
その反動が家に帰ってから出て、また娘と一緒に寝てしまうというスパイラル状態に陥ってしまっています。
そろそろ本気で対策を考えないと、日にちが経つのが速すぎてあっという間に年をとってしまいそうですw。



さて、今回は”やってみよう!PC Case Mod”向けの工具の紹介です。

現在PCケースの改造をやたことがない人向けに、
”やってみよう!PC Case Mod”と題してガイドのようなものをやっておるのでありますが、
工具の紹介も兼ねて書いているので、どうもダラダラと記事が長くなりがちになることに今更ですが気が付きましたw。

まあ、元々文章を書くのは大の苦手なので、わかりやすく簡潔に説明できないのは仕方が無いのですが、
読んで下さる皆様には大変申し訳ないと思っております。スマヌ

という訳で、工具の紹介はできるだけ記事を分けようと思います。

で、タイトルのE-Value コード式ドリルドライバー ED-100AKN なのですが、
IMG_3818.jpg

読んで字のごとくコード式のドリルドライバーです。
最大の特徴はなんと言っても値段の安さ。
Amazonでなんと驚きの¥ 2,508!
私の持っているマキタのコードレスドライバドリルの約1/16という電動工具としては破格の安さです。


今回は格安電動ドリルはPC Case Modで使えるのか?を試す企画でもあります。
ついでに電動ドリルでの穴あけのコツなんかも紹介したいと思います。
(紹介するのはあくまでも私なりのやり方なので、ケース加工や工具の取り扱いに伴うパーツの破損やケガ等については全て自己責任でお願いします。)


その前にちょっとE-Valueというブランドについて少し・・・。
ホームセンターで売っている工具でよく見かけるこのE-Valueというブランドですが、藤原産業という工具専門の商社のオリジナルブランド名です。
同じくホームセンターでよく見かけるSK11というブランドもこの会社のモノで、
E-Valueより上位ブランドと言う位置づけみたいですね。
自社で製造していないというのと、売っているのが主にホームセンターということで、
プロや工具マニア(?)からは敬遠されがちですが、
モノによっては製造元が有名工具メーカーのものと同じなんてモノもあるので、
なかなか侮れないブランドでもあります。
要はピンキリなのですが、ハンドツールについては、いくつか使ってみた限り、
通常使用に関して言えば何の問題もないと思います。
電動工具に関してはどうでしょうか?


前置きが長くなりましたが、まずスペックから、

IMG_3863.jpg

この中で重要なのは回転数が無段変速であるということと、チャック能力が1.5~10.0mmということぐらいでしょうか。
ドリルモードでの最大トルクが9.4Nmというのが十分かどうかは実際に使ってみないとわからないですね。

という訳で使ってみました。
取り敢えず、”やってみよう!PC Case Mod”で紹介したリベット外しは難なくこなしました。
音はちょっとうるさめのドライヤーぐらいでしょうか。
次に厚さ2.8mmの鉄のフラットバーにΦ3.0mmの穴を開けてみます。
使用するドリル刃は、
IMG_3690.jpg
これまた格安の、ダイソーで買ったドリル刃です。
リベットを10本くらい外すのに使った後の状態です。


ドリルで穴を開けるときは、まずセンターポンチで穴を開ける位置に小さいくぼみをつけます。
IMG_3831.jpg
IMG_3833.jpg
これはドリルの刃先が逃げないようにするためです。
ポンチング無しで狙ったところに正確に穴を開けるのはなかなか難しいです。

写真のポンチはオートポンチといって、片手で押すだけでバネの力でポンチングできるものです。
普通のハンマーで叩くポンチでも全然OKですが、薄板にポンチングする場合、強く叩き過ぎると板ごと凹んでしまう場合があるので注意しましょう。
オートポンチでも大体ねじ込みで強さ調整出来るようになっています。


穴を開けるパーツをしっかり固定します。
と言っても写真のようなバイス(万力)は普通の家にはないでしょうから、クランプで机に固定するなどして下さい。
このへんの工夫の仕方はまた後日紹介しようと思います。
くれぐれも手に持ったまま穴あけをしないで下さい。パーツがドリルと一緒に回って思わぬケガのもとになります。


ドリルの刃先をポンチングした凹みに真っ直ぐに軽く当てて、最初は少しゆっくりめでドリルを回します。
刃先が逃げないようでしたら回転スピードを徐々に上げていきます。
それと同時に押し付ける力も強くしていきます。
3.0mmぐらいのキリだったらどんなドリルでもMAXスピードまで回転数を上げても大丈夫だと思います。
基本的に細いキリほど高速回転、太いキリほど低速回転です。

IMG_3822.jpg

という訳で3.0mmの穴は難なくあきました。

相手が鉄の場合、結構な力で押し付けないと穴が切れていかないと思いますので、
穴が貫通するときは気をつけて下さい。一気にドリル刃が反対面に飛び出ます。
穴を開ける場所のすぐ後ろにキズつけたくないものがあるときは、板か何かで保護しておいたほうがいいです。


次にチャック能力の限界、Φ10.0mmのキリで穴を開けてみます。
今度は三菱マテリアル製のドリル刃です。
このドリルの最大穴あけ能力・鉄工Φ7.0mmを超えていますがどうでしょうか?

大きめのキリで穴を開けるとき、私の個人的な目安で6mm以上の穴を開ける時には、
小さいキリ(3.0~5.0mm)で下穴を開けておきます。

では、先ほど開けたΦ3.0mmの穴を下穴にしてやってみます。

IMG_3824.jpg

ドリル刃の先が覗くくらいまではなんとかいけます。
ですが、ここで刃先が貫通した時にできたバリに引っかかってドリルが止まってしまいました。
これはパワーのあるドリルでもよく起きることなので、このE-Valueのドリルのトルクが小さいからなったというわけではありません。(トルクが小さいほどなり易いのは確かですが・・・)
こうなった場合、ドリルを少し逆回転させて(レバーで切り替えなくても、チャック部分を手で回せばokです)ドリル刃を一旦抜きます。
そして、ドリル刃を押し当てる前に高速気味に回転させ、回転させつつ軽く押し当てます。
引っかからないようなら、少しづつ力を入れて押していけば無事貫通するはずです。


後、ドリル刃が貫通する時ですが、先ほど言った力を入れて押していた時に一気に裏に飛びでるのとは違う現象で、
大して力を入れて押してないのに、
この状態から、
IMG_3828.jpg

IMG_3829.jpg
ドリル刃の根本のほうまで一気に持っていかれることがあります。

これは貫通直前の薄くなった部分にドリル刃の溝の部分がはまって、ネジをねじ込む様な状態になっているからです。
こうなってしまったら、普通に引っぱってもドリル刃が抜けないので、先程と同じく逆回転させながら一旦抜いて、
これまた先ほどと同じように回転させつつ軽く押し当てて貫通させてやります。


それから、写真にプラスチックの容器に入った黄色いペースト状のものがありますが、
これはタッピンググリスという切削油剤で、簡単にいえばドリルやタップ(穴にネジ山をきる工具)の切れが良くなって、
摩耗が減って長持ちするというものです。
私はペースト状の物を使用していますが、ホームセンター等ではスプレーやオイル状のものが一般的だと思います。
タッピングスプレーとかタッピングオイル・タッピングコンパウンドなどの名前で売っていると思いますので、
安いものでいいですから、厚めの板に穴を開ける時とか、特にタップ加工時には使用することをお勧めします。

使用するときはスプレーならほんの軽く一吹き、オイルなら1~2滴ドリルの刃先か加工対象物に垂らす程度でいいです。
つけすぎると飛び散ったりして後の掃除が大変です。




長くなりましたが、今回紹介したE-Value コード式ドリルドライバー ED-100AKNですが、
正転・逆転切り替えレバーの切り替えがしづらい、
IMG_3819.jpg
とか、
回転スイッチを離してから回転が止まるまでが遅いとか、色々不満な点はあるのですが、
取り敢えず使えるというのが私の感想です。・・・・・・・・・・・耐久性は未知数ですがw。
特に値段の安さからリベットを外すためだけに電動ドリルを買うのはちょっと・・・という人にはオススメです。
もちろん薄板に小さい穴を開ける程度なら十分出来ますし、取り敢えず使ってみて不満が出るようなら、
もいっといいものにステップアップするのもいいのではないでしょうか。



でも、個人的には初心者ほどある程度いい工具を使ったほうがいいと思うのでw、
これからも長く使いたいという人には、マキタリョウビパナソニックヒタチ
海外メーカーだとボッシュブラック&デッカー なんかのエントリーモデルをお勧めします。

それではまたお会いしましょう。
関連記事
Posted by MooderBone on 31.2012   4 comments   0 trackback

オートポンチ!!おいす~~~

またまた新兵器発見♪ これはいいですね~ (`・TKP・´)ゞ

さっそく買ってきます☆

毎回ハンマーで叩いていました(笑
2012.03.31 12:35 | URL | たかぴー #- [edit]
たかぴーさん、おいす~。

オートポンチは必需品では無いですが、あれば便利ですね~。
片手でパーツを押さえてもう片方の手でポンチングなんてこともできますし。
ちょっと高いですけど、SUNFLAGのオートポンチ185が良くできていてお勧めです。
2012.03.31 20:52 | URL | MooderBone #- [edit]
先週はプレゼン資料つくりのためにほぼ平均睡眠時間2時間という過酷さでした(; ̄ー ̄A
毎回とても参考になる記事ですね~。
オートポンチ、ボクも手に入れよう☆
...いつもハンマーで打つ時にズレるので(爆)
2012.04.01 12:08 | URL | りくんちゅ。パパ #- [edit]
りくんちゅ。パパさん、こんばんは。

プレゼンお疲れ様でした。平均2時間睡眠ですか・・・私には到底真似できませんw

> オートポンチ、ボクも手に入れよう☆
> ...いつもハンマーで打つ時にズレるので(爆)
ぜひ使ってみて下さい。
オートポンチでもまっすぐ押し付けないとずれちゃうことがありますが、
ハンマーで叩くよりはかなりずれにくいと思います。
2012.04.01 22:56 | URL | MooderBone #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mooderbone.blog29.fc2.com/tb.php/121-e7198799

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。