• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

ラジエターファンの改造 その1

Category : MBM006 Worklog
今年初めての更新になります。
かなり遅くなりましたが改めまして、

あけましておめでとうございます。


昨年後半はブログもModもすっかり放置してしまいましたが、年末に何とか奇跡(?)の復活を遂げることができました。
それもこれも当ブログを読んで下さる方々、コメントして下さる方々のお陰であります。
本当にありがたいことでございます。

今年の予定としましては、なるべく早くSOLOの改造を済ませてしまって、MBM004とMBM005にとりかかれたらいいなあ~、と予定なんだか願望なんだかよく分からない、イマ風に言うとゆる~~い感じの予定で行きたいと思っています。
皆様どうぞ期待せず気長にお付き合い下さい。






さて、前々回に改造したラジエターのファンですが

IMG_4616.jpg

このままだと設置する場所の真上にあるHDDの取り付けボルトと干渉して使えません。

チャンネルを少し加工してファンを下げてやれば使えないこともないのですが、色々考えた結果、作り直すことにしました。



で、今度はアルミのチャンネルではなく、Φ6mmのアルミパイプを使います。

まず、パイプの真ん中にリューターで切れ目を入れます。
IMG_4761.jpg



切れ目の両サイドに更に切れ目を入れて、
IMG_4763.jpg



マイナスドライバーでこじって切れ目を開きます。
IMG_4765.jpg




ヤスリとリューターのサンディングドラムで仕上げるとこんなかんじになります。
IMG_4770.jpg




このパイプの両端をバイスにはさんで潰して、
IMG_4772.jpg




潰した部分にM3のネジ山を開けたあと、チャンネルをファンにはめ込んだ時と同じ要領でファンに取り付けます。
IMG_4774.jpg
今回ははめ込むだけでなく、グルーガンを使って固定しました。





完成!
IMG_4777.jpg




回してみた。
IMG_4781.jpg




ケースにつけてみた。
IMG_4783.jpg
今度は干渉もなく大丈夫そうです。





ファンをフレームレスで使うと決めた時から薄々感じていたことなのですが、今回実際にファンを回してみると、かなりファンのサイドから風が逃げていて、ラジエターを通過する空気が減少してしまうように感じられました。

そこで、ラジの反対側にもファンをつけていわゆる"Push-Pull"にしたいと思います。

そこら辺の改造を次回紹介したいと思います。



それでは今回はこの辺で。

スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 11.2013   0 comments   0 trackback

ラジエターファンの改造 その2

Category : MBM006 Worklog
前回の続きです。

IMG_4783.jpg

前回つけたファンの反対側(下側)に吸い出し方向でファンを付けるのですが、吸出し方向と言うことは取付面に対して前回とは反対向きにつけないといけないので、同じ方法では取り付けできないですね。

というわけで、前回の応用になるのですが、アルミパイプをベンダーで曲げてやって取り付けようと企んだわけです。
ちなみにアルミパイプをパイプベンダーで曲げるのは初めてです。



で、結果がこのザマです。
IMG_4788.jpg

Φ6mmで肉厚0.5mmのアルミパイプを曲げたのですが、まず、普通に曲げるとパイプベンダーを使っても曲げ部分で潰れてしまいます。
まあ、これは予想していたことなので次の手に移ります。


次はバーナーで炙りながらゆっくり曲げてみましたが、炙り過ぎてパイプが溶けましたW(写真一番下のやつですね)
いや~~アルミって結構簡単に溶けちゃうんですね~びっくりしましたw


今度は炙り過ぎないように慎重にやってみました。(写真真中のやつです)
若干潰れたもののまあ何とか曲がったのですが、炙った部分が変色してしまいました。
今回は塗装はしないつもりだったので、これはダメですね。
ちなみに表面だけでなく中まで変色しているのでサンドペーパーがけくらいではとれません。


変色しないように再度挑戦してみますが、炙りが足りないと潰れてしまいますね。(写真一番上)



ここでギブアップです。
私のスキルでは無理と判断して、使い慣れたOSTパイプ(油圧配管用精密鋼管)という鉄パイプを使うことにします。
MBM002で沢山使っているパイプです。


このOSTパイプはベンダーを使うと潰れることなく簡単に曲げれて、鉄なので強度もそこそこありつつ加工も容易、継ぎ目もなく表面もきれい、パイプ径も正確といいことだらけの素材であります。

ただ名前の通り本当の用途は油圧で作動する機械等の油圧配管用なので、ホームセンター等で気軽に買うといったわけにはいかず普通の人には入手困難だと思います。
大人の事情でw詳しくは書けないのですが、私は仕事柄手に入っちゃったりします。

ちょっと調べてみると、ネットの通販で少量販売しているところがいくつかあったので、どうしても欲しい方は問い合わせてみるといいかもしれません。




では早速曲げます。
IMG_4793.jpg



切り口にM5のタップを切ります。
IMG_4796.jpg



前回のアルミパイプ同様真ん中に切れ目を入れて開きます。
IMG_4799.jpg
鉄パイプなのでそのままほっとくと錆びちゃうので塗装しました。
アルミパイプの質感に合うようにシルバーメタリックにしてみました。




フレームからカットしたファンにはめ込んでグルーガンで固定します。
IMG_4800.jpg




ラジについていたアングルに先にファンをつけときます。
IMG_4803.jpg
ボルトの頭が飛び出ないように皿ネジを使うのですが、スペース的に皿モミするのがきついので小頭タイプのアルミサッシビスというのを使っています。



ラジにつけました。
IMG_4810.jpg


IMG_4812.jpg





ケースにつけると、
IMG_4815.jpg

IMG_4820.jpg





次回はラジの排気を直接ケース外に出す方法を考えたいと思います。





追記

アルミパイプ(Φ6mm肉厚0.5mm)の曲げに失敗した後日、ホームセンターで肉厚1.0mmのアルミパイプを発見しました。
あと、色々調べた結果、パイプに砂を詰めるとつぶれにくいらしいので、これまたホームセンターでハムスターの砂浴び用焼き砂も購入、パイプに詰めて曲げてみました。


IMG_4822.jpg

ほんの少し潰れてRも少しだけ小さくなりますが、なかなかキレイに曲げることが出来ました!



ただ油断すると・・・、
IMG_4825.jpg
折れちゃいますw
難しいもんですね・・・・・。
Posted by MooderBone on 13.2013   8 comments   0 trackback

初めての・・・

Category : 雑記
今日仕事から帰ってみると昨年末にオーダーしていたブツが届いていました。

PCパーツの海外通販先としてはメージャーなPerformance-PCs.comからです。
もうかなり前(昨年春位だったかな・・)にアカウントを作ってカートに放り込んだままになっていたのを、昨年末の政権交代後の円安傾向に慌てて注文していたのです。


IMG_4826.jpg

・・・・・・なんか赤いシールが貼ってありますね。




IMG_4827.jpg

税付????
なんだそれ?




IMG_4828.jpg

どうやら税関で引っかかって課税されたみたいですね。
いくら位かな?
と、恐る恐るあけてみると・・・


IMG_4829.jpg

国際郵便物課税通知書と領収書、不服申立て等についての案内が入っていました。
どうやら荷物を受け取った私の母親が既に払ってくれているようです。



で、肝心の課税額はと言うと、

IMG_4830.jpg

消費税500円だけのようです。
ちょっと一安心です。
ただ、内訳をよく見ると消費税が480円で地方消費税が100円。
合計580円になるはずなのに、なぜか税額合計500円・・・。
80円は何処へw




IMG_4831.jpg

その他通関手数料として200円取られています。



海外通販はPCパーツに限らず年に何度か利用しているのですが、関税を取られたのは初めてです。
まあ単に運が悪かっただけですが、いい経験になったし消費税だけですんで、しかも少額だった今回引っかかったのは、逆に運が良かったのがもしれません。
いつも怪しいブツを輸入しているわけではないのですがw、どんなものに何%関税がかかるかなんて把握してないですからねえ。





で、肝心の荷物の中身ですが、実はあまり大したものではないんですね~これがw

IMG_4832.jpg

DEEP COOLの8cmファン5個とPhobya 4 Channel Fan Controller 。


DEEP COOLの8cmファンは唯一国内通販で売っていたドスパラで欠品、しかもこの先入荷予定がないとのことで仕方なく。
しかも1個$15.95とドスパラ(800円弱だったはず)より高い・・・。



後は、
IMG_4834.jpg

コネクタいっぱい。


珍しいシルバーのコネクタがあったのでMBM006用に一通り買っちゃいました。

1個$2と結構割高ですが、自分で塗装するのもめんどくさいし、綺麗に塗れるかわからないし、はじめからシルバーなら塗装がはげたりもしないしイインジャネと思っていたのですが・・・、


IMG_4836.jpg

どう見ても塗装ですw


しかも、

IMG_4837.jpg

金属の端子部分も塗装されています・・・・・ちゃんと通電するのかな・・不安




オーダーしてから発送まで結構日数がかかっていたし、オーダーステータスが"MOD"となっていたりで、何をやっているのかな~って思っていたのですが、塗装していたのね・・・・そりゃ値段も高いはずだわw


・・・・・・・・・・・今度からは自分で塗装しよう・・・




Posted by MooderBone on 14.2013   4 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。