• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

まな板

Category : MBM004 Worklog
長い間だらだらとやってきたMBM003もだいたい加工が終わり、やっと(今度は本当にw)塗装に入るため、
パーツをばらしたり作業部屋を片付けて塗装モードにする準備をしております。

で、以前、こちらの記事でちらっと書いていたパーツの動作確認用のまな板ケースなのですが、
今日の午後からまとまった時間がとれたので、
娘の”一緒に遊ぼうよ”攻撃と、嫁さんの目から放たれる”一緒に遊んであげれば”光線を巧みにかわしつつ、
作ってみました。



IMG_2614.jpg

作ったと言っても単にマザーボードトレイにパイプでフレームをつけただけで、
まだ電源やドライブ類は乗せるだけという状態です。

見た目のかっこ良さも少しは気にしつつ作ったのですが、ちょっと微妙だな~~と作った本人が思っているときに、
嫁さんが一言。
「なに?、その水切りカゴ」

「・・・・・・・・。」
・・・・・・・・・・・・・・駄目だ。もうどう見ても水切りカゴにしかみえない・・・・・・・・・・・。

取り敢えず今回はこのまま使うとして、MBM003が一段落したらこのまな板ケースをカッコ良くします。
目標は嫁さんにカッコイイと言わせること”Most Beautiful Manaita PC Case"
略して”MBMPC"・・・・・・・・

おっ、MBM だと偶然にも”Mooder Bone Mod”と一緒ですね。
決して無理やりこじつけたわけではありません。あくまでも偶然です。偶然。
というわけで、プロジェクト名も”MBMPC Project”とします。
これだと Most Beautiful などと大層な目標を立てているのがバレないですみます。
誰にバレたら困るのかは嫁さん秘密です。

まあ、以上はタワゴトなので軽く流していただくとして、
テーマはこのブログタイトルにぴったりな「(魚の)骨」、”Fish Bones”です。
パイプを使って魚の骨みたいにしようかと考えておる訳でございます。

例によって、テーマとはかけ離れたものができたり、途中でいきなりテーマが変わるかもしれませんが、
まあ、そんな細かいこと事を気にする人はいないでしょうからNo Problemです。

そんなこんなで、MBM004がグダグダとスタートするわけですが、
今回はこの言葉でお別れです。

まな板が かっこよくてもいいじゃない だってPCだもの
                                     み◯を




--------------------------------------------
8月2日 追記

どうせほとんど作り直すのでまな板の写真をあまり掲載しなかったのですが、
少し追加しときます。あまり参考にはならないかもしれませんが・・・・。

IMG_2622.jpg

このとおりパイプでできたフレームにマザーボードトレイを乗せているだけです。


IMG_2624.jpg

フレームの結合部分。
パイプの内径にM8のタップをきってあります。
パイプを潰す技はNobuさんのブログを参考にしました。



IMG_2615.jpg

娘もお手伝いしてくれましたw
手に持っているのは娘にプレゼントしたMacToolsの限定グリップにPBのシャンクをさした特別仕様のドライバーです。
スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 01.2011   8 comments   0 trackback

塗装 準備編

Category : MBM003 Worklog
いよいよ(ようやく?)塗装です。

今まで切った貼ったでつけてきた部品をばらしていくのですが、
なにせ、ケースの加工をはじめてもう一年以上立ちます。
(途中半年ほど空白期間がありますが・・・・)
普通にばらすだけだと、どれがどこの部品だかわからなくなって、
元に戻せなくなる可能性が高いので、部品を外しながら写真をとっておきます。


すべての部品を外すと・・・・、

IMG_2652.jpg

ずいぶんスカスカになりましたねw
ちなみに、加工前の状態はこんな状態でした。(ケース購入時の記事はこちら

IMG_0820.jpg



ただ、これだけ切り抜いても結構しっかりしているのには感心しました。
かなり古いケースですが、アタリでしたね。


で、外した部品がこれら、

IMG_2658.jpg

うーん・・・元に戻せるのでしょうか?w


こちらはカバー類

IMG_2661.jpg




ここから更にリベットを外せばもっとばらせるのですが、今回はこのままで塗装します。
理由は単に面倒くさいからですw。
(こういうところを面倒くさがらずにキチンきちんとすれば、もっと完成度が上がるのはわかっているのですが・・・・。)



シャシーから塗っていくのですが、取り敢えず足付けのためペーパーがけをします。
時間がかかるのでその間に今回使う塗料について少し・・・。

IMG_2663.jpg

今回使うのは
プライマー  ミッチャクロン
サーフェイサー ソフト99 ボデーペン プラサフ
本塗 ソフト99 ボデーペン 
上塗り イサム エアーウレタン クリア



肝心の何色で塗るか?なのですが、かなり悩みました。
ホームセンターのカー用品コーナーで店員さんの怪しむような視線に負けず、
ソフト99の色見本をジーと見ながら考える事1時間×3日、

IMG_2666.jpg

内装を日産 KH2 ダークグレーM (いわゆるガンメタ色ですね)
カバーをトヨタ 199 シルバーM (明るいシルバーです)
にしました。

前回、MBM002で無謀にもホワイトパールマイカ塗装にチャレンジして四苦八苦したのに懲りずに、
またメタリック塗装に挑みますw。

また、今回はじめての試みとしてサーフェイサーとしてソフト99のプラサフを使ってみます。
プラサフ(プライマーサーフェイサーの略ですね)使うならミッチャクロンはいらないような気がしますが、(ミッチャクロンはプライマーになります)
ミッチャクロンはMBM001・MBM002と使ってきて、かなり信頼感があるので念のため使っときます。


この記事を書いている合間にシャシーのペーパーがけを1時間ほどやっていたのですが、
まだまだ時間がかかりそうなので、今日はこの辺でおしまいです。
来週もまた見てくださいね! ん が んん


Posted by MooderBone on 05.2011   0 comments   0 trackback

備忘録 その1

Category : Don't Forget
ただの備忘録です。
実現可能かどうかは関係なしに、
思いついたPCケースMODのアイデアを忘れないように書いときます。


・ガラスを使う。サイドカバー、マザーボードトレイ、自分で加工が無理? 小さい穴あけ位ならいけるか?

・ガラスパイプで水冷配管、ホースと併用?

・ガラス製リザーバータンク、流用できそうなものはないか?

・水冷の金属配管、銅、ステンレス、電蝕は?継手は?

・パイプでケースのフレーム作成、水冷配管と一体化、穴あけネジ止めができない、溶接?

・ラジエータの自作、銅パイプを使用、低発熱ロースペックならいける?

・ヒートシンクとケースの一体化、、ヒートパイプを使用、単品での入手が困難? オリオに市販PCあり

・ファンのフレームの改造、自作、鉄、アルミ、パイプ

・エキスパンドメタルの使用、サイドパネル、フロントパネル、少し目が大きめで立ち入り禁止な感じ、有刺鉄線は危ない?

・緑のケーブルスリーブでジャングル化、長めに垂らしておさるフィギュア、娘用?

・砂時計

・ガリレオ温度計







Posted by MooderBone on 05.2011   3 comments   0 trackback

塗装 下塗り編

Category : MBM003 Worklog
お盆休み真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょうか?
私は盆休み前、仕事が忙しく連日22時~0時帰りで、精神的にも肉体的にも疲れ果てた状態で連休に入り、
連休に入ったら入ったで、家族サービスでお出かけしたりで、PCModの作業どころではなかったのですが、
少し落ち着いてきたので、作業再開です。


今回は塗装の下塗りですが、取り敢えず、足付けをおこないます。
サンドペーパーと併用して研磨スポンジを使いました。

IMG_2653.jpg

これらを使ってゴシゴシ磨いていくのですが、連日この暑さなので、
磨くのもテキトーになりがちです。
それでも内装部分は、まあテキトーでもいいのですが(本当にいいのか?w)、
カバー類は見た目にもろに響くのでそういうわけにもいきません。


特に鉄板で作ったカバーはこの有様なので、

IMG_2671.jpg

サビ落としもしないといけないので大変です。


そこで秘密兵器(?)の登場です。

IMG_2673.jpg

マキタ 防じんミニサンダ BO4552 です。
元々ジグソー同様木工用に買ったあったもので、広い平面をペーパーがけする際に活躍します。


IMG_2672.jpg

取り付けたペーパーに穴を開けておくと、そこから集塵してくれるという優れものですが、
それでもかなりのホコリが舞うので、マスク&作業場所を選ばないと大変な事になります。



IMG_2675.jpg

他の電動工具同様、かなりの爆音を響かせながらサクサク磨いていきますが、
元々塗装してあるカバーは塗装をすべて落とすことはせず、表面のデコボコをならす程度にしておきます。


これで足付けは終わりで、次は脱脂をおこないます。
その前に本来ならパテで深めのキズを埋めておくのがいいのですが、
プラサフで消えそうなキズしかなかったので今回は飛ばしました。
(後で誤った判断だと気づくのですが・・・)

で、脱脂ですが、ラッカーシンナーを使って、刷毛でジャブジャブゴシゴシ洗った後、
エアガンで乾燥・残ったゴミ飛ばしをおこないます。(写真を取り忘れてました・・・)
(密かにエアコンプレッサーがうちにあったりします、オヤジのですが・・)



そして、ようやくスプレーで塗装をおこないます。
まず最初にプライマーとしてミッチャクロンを吹きます。
透明でどれだけ塗れたかわかりにくいのが欠点ですが、今回はこのあとプラサフも吹くので、
薄めに軽く吹く程度にしておきます。

IMG_2677.jpg


表を塗って一時間・ひっくり返して塗ってまた一時間ほど乾燥させた後、
今度はソフト99のプラサフを吹きます。

IMG_2678.jpg

薄く何度かに分けて吹きますが、このあと水研ぎするので最終的には結構厚塗りになります。
これだけ塗るのに2缶使いました。



3時間ほど乾かした後1000番の耐水ペーパーで水研ぎします。

IMG_2681.jpg

ゴシゴシこするとすぐに下地が出てしまうので、軽くこすってざらつきや付着したホコリやゴミを取る程度です。

特に平面の縁の部分や折り曲げ部分のカド、ポコッと飛びでた部分は磨きすぎて下地が出やすいので注意します。

IMG_2684.jpg



これで下塗りは終わりです。
次はメタリックスプレーで中塗です。
ちょっとお試しで塗ってみましたが、いい感じになりそうです。

IMG_2688.jpg

Posted by MooderBone on 15.2011   9 comments   0 trackback

Pro-Auto ミニリバースギアラチェット

Category : Tools
不定期でお送りしている工具の紹介コーナーです。

今回はS.E.K(Suekage Tool)のPro-Autoブランドででているビット用ラチェットレンチ、
ミニリバースギアラチェットです。

IMG_2694.jpg

ビット用のミニラチェットは他メーカーからも色々出ていますが、板ラチェットぽい形状のものが多い中で、
このラチェットは回転切り替えレバーが普通のラチェットっぽいのが特徴です。



更にこのラチェットの特徴は、なんといっても小ささ・薄さです。
普通のラチェットと比べてみると、

IMG_2700.jpg

右からコーケンの差し込み角3/8ラチェット、同じくコーケンの1/4ラチェット、ミニリバースギアラチェット、
比較用の単三電池です。
これだけ小さいので狭い場所で活躍するのですが、更にギヤ数は52もあるので(送り角7°)、
狭くて振り角が取れない所でもボルトの締め付け・取り外しが可能です。
また、反対側がギアがない差し込みになっていて、少し強めに力をかけたい時はこちらを使うと安心です。



IMG_2702.jpg

付属の+2番の超ショートビットをつけた時の薄さは約17mm。




このラチェットと組み合わせて使っているのがAinexAnex(ですね、PCパーツじゃないんだからw)の超短ビットシリーズ。

IMG_2704.jpg

全長19mmで、私が知るかぎり一番短いビットです。(+2番だけはミニリバースギアラチェット付属のビットの方が短いです)
この組み合わせは結構有名で、よく一緒に紹介されていますね。




で、このラチェット、仕事で使っていて大活躍なのですが、唯一の欠点がギアが少し固いこと。
ボルトのかかりが浅いときなどラチェットを戻すときにボルトも一緒に戻ってしまうんですね。
そんなときに便利なのがヘッドについている黒い丸い部分。

IMG_2706.jpg

ここを指先でカリカリ回すとラチェットを振らなくてもボルトを回す事ができるんですね。

ただ、親指と人差し指で挟んで回せればいいのですが、狭いところで使うことが多いので、
人差し指一本だけでしか回せないことがあります。
そんな時はやっぱりギアの固さがネックになってしまいます。




似たようなのを他ブランドで見つけたので買ってみました。

IMG_2708.jpg

右と上のビット・ソケットセットがBAHCO、真ん中がWera、右がPro-Auto。





IMG_2710.jpg

順番変わって右からBAHCO、Pro-Auto、Wera。

BAHCOとPro-Autoは、反対側がビットの差込と8mmのメガネになっているのが違うくらいで、
後はまったく同じなので製造元が同じだと思われます。

Weraは構造は同じなのですが、ヘッドサイズ・厚みともに少し大きめです。
ただ、質感・かっこよさは抜群にいいです。

ギアの固さは似たり寄ったりですね。


Pro-Autoは仕事用、BAHCOのセットは車のグローブボックスに放りこんであります。
Weraを家用・PC-Mod用に使ってます。




普通にPC自作するだけならドライバー一本あればほとんど事足りると思いますが、
ケースを自作したり改造したりする人はこんなミニラチェットがあると、
できることの幅が広がるかも知れません。

Posted by MooderBone on 27.2011   2 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。