• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

続き

Category : MBM003 Worklog
続きです。
ずいぶん間が空いたような気がしますが、何事もなかったように再開です。
・・・・・・・・・・・えーっと・・・・・・・・・・
そうそう、フロントパネルのスイッチを作ったところでしたね。
で、そろそろ電源ケーブルや水冷のホースの取り回しを考えようとしたところでつまずいていたのでした。
問題の箇所はここ
IMG_2030.jpg
フィッテイングがあたってます・・・

半年ほど考えた末、解決策が見つかりました。
まず、写真右側のラジエーターの取り付け位置を可能なかぎり外側にずらします。(写真はとってないです)

で、左側のラジを内側にずらすのですが、今のままだとファンも内に入ってしまいます。

そこで思い出したのが、どっかで見かけたファンの外側フレームを使ったシュラウドの作成です。
早速やってみます。

ニッパーでファンの部分を切り取ります。
IMG_2037.jpg

ヤスリで仕上げて合体させてみます。
IMG_2038.jpg

取り付けてみます。
IMG_2039.jpg
底板をとって裏から見た写真ですが、いい感じに収まってくれました。ついでにラジとラジの間にもう一つファンを挟んでみました。

とりあえずこの問題は解決しましたが、ホースの取り回しに関してはまだまだいろいろ問題が山積みです。
が、とりあえず今回はリハビリもかねての記事なのでこれくらいにしておきます。
ではまた半年後ぐらいにお会いしましょう。
スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 04.2011   2 comments   0 trackback

ケース加工ほぼ完了?

Category : MBM003 Worklog
日曜に少しまとまった時間がとれたので、ケース加工の残りの細々したところを終わらせました。

まず、ビデオカードに水枕を付けるとマザーボードトレイ出し入れ時あたってしまうところ、
IMG_1933.jpg
ここを切り欠きます。

IMG_2078.jpg
う~んかなりフレームが細くなりましたね・・・・



このままでは少し強度的に心配なので、補強を入れます。
IMG_2092.jpg
写真だとちょっと分かりにくいですが、Φ6mmの鉄の丸棒をパイプベンダーで曲げて両端に穴をあけM3のタップを切ってあります。で、天井と後ろ面でボルトどめしました。これでかなりしっかりとしました。


続けて、マザーボード裏面からCPUの電源ケーブルを表に出す穴です。
IMG_2087.jpg
もともと小さな穴があいてましたが、拡大してコネクタが通るようにしました。
使用工具はドレメル+カッティングディスクとヤスリです。



さらに続けて、サイドパネルの電源パネルと干渉する部分を切り欠きます。
IMG_2081.jpg
ここは電源プレートを作ったとき(最初に作ったのでほぼ一年前ですねw)から分かっていたのですが、やっと解決です。


まだ続きます。
後面上部のスリットです。
IMG_2084.jpg
天面カバーを載せるところは以前フラットバーを曲げて作っておいたのですが、
開口部にアルミのフラットバーでスリットを作りました。
スリット間のスペーサにナットを使ってますが、これはあとでもっとましな物に変えます。


次はフロントパネル横のスリットの上部のカバーです。
IMG_2079.jpg
フロントのフラットバーのRに合うようにアルミのアングルを加工してボルト止めしました。


最後に電源スペースとマザーボードのスペースの仕切りになるアクリル板が乗る台をアルミのアングルで作ります。
IMG_2090.jpg


・・・・・・・ふぅ。
これでケースの加工はほぼ終わりのはずです。
あと残っているのは電源ケーブルの固定用の穴あけとポンプの固定ステーの取り付けですが、
ケーブルの固定はスリービングが終わってから、
ポンプの方は最終的なホースの取り回しが決まってからでないとできないのでもう少しあとになります。

次回は確認の意味も含めて、とりあえず手元にあるパーツを全て付けてみようと思います。

Posted by MooderBone on 10.2011   0 comments   0 trackback

機械組立仕上げ技能検定

Category : 雑記
勢いで受検申請してしまいました。
まず、技能検定てなんだ? って言う人がほとんどだと思いますが、
一応国家資格で合格すると技能士の称号が与えられます。
で、肝心の技能検定とは?ですが、「労働者の有する技能の程度を検定し、これを公証する日本の国家検定制度」とWikipediaにあります。
ようは検定に受かると、「あなたはある特定の仕事がある程度できますよ~」と国が認めてくれるわけですね。

驚くのはその職種の多さ。
建築関係から機械や食品関係の製造業だげでなく、金融窓口サービスやら舞台機構調整なんてのまで136職種もあります。


私の仕事は一応工作機械の組み立てなので、タイトルの機械組立仕上げが一番近い職種です。
機械組立仕上げと聞くと、自作PCの組み立てみたいにパーツを組み立てて機械を組み上げるみたいな感じですが、
実際はかなり違います。

私の受ける二級で使うパーツはこの三つだけ。
IMG_2096.jpg


で、実技試験の内容は、
「やすり、きさげ、スコヤ、卓上ボール盤等を使用し、はめあい、心出し、すり合わせ等により、角ロッドを含む精度を要する部品を組み立てる。試験時間=3時間40分」
要約すると、
「凹型のブロックにフタをしてできた穴に四角い棒を入れてガタなくスムーズに動くようにヤスリで仕上げる」
そうです、作業のほとんどはヤスリがけなんですね。
それも1/100ミリ単位での加工をすることが要求されます。


普段の仕事で手作業で加工の仕上げなどほとんどやらないので、当然練習が必要です。
しかも一応会社の勧めで受けるのに上司に、
「練習は就業時間外にタイムカードを押してからやってね。あと、もし落ちたら受験料(2万円位)は自分で払ってもらうからねん♪」と言われ、友人には、
「ふ~ん。で、それ受かったらなんかいいことあるの?」
と答えに詰まってしまうような質問をされる始末。

・・・・・そうなんですね・・・・もし受かっても給料が上がるわけでもなし、
練習した技能がそれほど仕事に生かされるわけでもなし、
メリットといえば技能士を自ら名乗れて自慢できる!ぐらいしか思いつかないんですよね・・・
でもいいんです!、自己満足でも・・・。


というわけで、せっかくPCのMODもやる気になってきたのですが、また少しペースダウンするかもしれません・・・・

ですが、きっと次のMODでこの資格が生きてくると信じて練習に励みます・・・。




Posted by MooderBone on 12.2011   2 comments   0 trackback

とりあえず・・・

Category : MBM003 Worklog
とりあえず、出来上がったパーツやら手元にあるパーツやらを仮組みしてみました。

IMG_2104.jpg

IMG_2107.jpg

ご覧の通りまだまだ付いてないパーツがたくさんありますが、
仮組みしてみて分かったことがいろいろありました。

まず第一に、・・・・・
・・・・・・・・  重い・・・・・・・・・・・・

鉄のフラットバーやら少し厚めの鉄板やらを多用しているのでかなり重くなるのは薄々分かっていましたが、
実際組んでみると予想以上の重さになってしまいました。
・・・・さらにこれにクーラントやらまだ付いてないパーツの重さが加わるんですよねえ・・・・・。
腰痛持ちなので慎重に持ち上げないと腰を痛めそうです。


次に分かったことは、とてつもなくメンテナンス性が悪いということ。
これも作業していて気付いてもよさそうなもんですが、
それでも、電源やマザーボードトレイが後ろに引き出せたり、底板が外せるようにしたりして、
それなりにメンテのことも考えていただけに、ちょっとショックです。
あるパーツを取り外すのに他のパーツをかなり取り外さないといけない箇所が結構あります。
まあ一度組み上げたら問題がない限りパーツ交換はほとんどしないので問題なさそうですが、
一応次期メインマシンなので問題が起きたときはかなりめんどくさそうです。


あとは、まだまだかなり作業が残っているということ。
忘れないように書きだしておきます。

サイドカバーのファングリルの作成(すっかり忘れてた・・・)
サイドカバーのアクリルの発注と加工
電源スペースとメインスペースの仕切りアクリル板の発注と加工
フロントのパワースイッチのLEDの光がうまくビー玉に反射しない問題(後日記事にします)
水冷チューブの取り回しとポンプの設置方法(ある程度めどはついてます)
ケーブルのスリーブ化
ケーブルの取り回しと固定用穴の加工
ドライブ類の電源ケーブル加工
ライトアップ用LEDの取り付け
SSDの設置方法
塗装(シャシーの色は決めているのですが、カバーの色が決まらない・・・)

買わないといけないもの
足りないボルト・フィッテイング
メモリ
HDD
SSD
クーラント
アクリル板

えーーっと・・・・・あとなんだっけ・・・・
まだなんかあったような気がするんだけど・・・・
まあ、また思い出すでしょう。

それはそうと、新しいMDPCが来てますねー
あいかわらずの完成度の高さですが、久々に個人的にカッケーって思えるMDPCです。
比べるのもおこがましいですが、こういうのを見ると自分はまだまだだな~と思い知らされるわけです・・・。
まあ目標は高いほうがいいので、この言葉で今回はおしまいにしたいと思います。

めざせMDPC!!


Posted by MooderBone on 15.2011   2 comments   0 trackback

NICHOLSONのヤスリ

Category : Tools
実はブログ主はハンドツール(工具)大好き人間だったりします。
PCModの話題だけだとこの間みたいにかなり更新間隔が開いてしまう恐れがあるので、
これからはPCModの話題だけでなく手持ちの工具についても時々記事にしていきたいと思います。

今回は技能検定で使うヤスリについてです。
機械組立仕上げ検定二級で使うヤスリは250mm中目と200mm細目の平ヤスリで、(あと組みヤスリも使います)
ネットで色々調べた結果、アメリカのNicholson(ニコルソン)社製をチョイスしました。
ニコルソンといえば以前マジカットヤスリを紹介したことはありましたが、これはごく普通の鉄工ヤスリです。

IMG_2117-1.jpg

上から250mm中目、200mm細目、200mm細目、一番下は以前買った200mmマジカット



なんで200mm細目が二本あるかというと、買い直したからです。
で、なんで買い直したかというと・・・・

IMG_2099-1.jpg

ヤスリを平らな板に乗せて先を正面から撮った写真です。
右が最初に買ったヤツ、左が買い直したほう。
左の方が少し反り返っているのが分かると思います。
で、削ったときにどっちがより平面を出し易いかというと、実は反り返っている左の方なんですよね。
私みたいな初心者が右のほとんど反りがない方で削ると、どうしても手前と奥の方に力がかかって削れ過ぎてしまい、
いわゆるカマボコ型になってしまうんです。
国内メーカーのツボサンは検定用にわざわざ両面にテーパーを付けたヤスリを販売していたりとかします。
さらに右側をよーーく見ると先端がほんの僅かですがねじれているのが分かります。
これも均等に力がかからず、平面が出しにくい原因になります。

では右の方の最初に買ったのが不良品かと言えばそうではないんですね~。
ヤスリは焼き入れをしてあるのでどうしてもソリやネジレがでてしまうみたいです。
もちろん検品によってある程度以上の物は弾かれるんでしょうが、ある程度のバラつきはしょうがないんですね。
技能オリンピックの選手なんかだと100本位の中から選別して使用するみたいです。
最初に買ったヤツも1/100ミリ単位での平面を出さないといけない用途には向かないというだけで、
普通に使用する分には何の支障もありません。


今回、会社にあるツボサンとかの国内メーカーのヤスリと使い比べてみましたが、
切れ味も良く、目詰まりしにくさと肝心の言葉では説明できない使用感が抜群によかったニコルソンのヤスリ。
一流メーカーとして評判がいいのも分かる気がします。
値段も国内メーカー品と比べて同じか少し高いぐらいなので、検定用途だけでなく一般に使うヤスリとしてもおススめです。


それにしても色々と奥が深いヤスリの世界。
まだまだ紹介したいことがたくさんあるのですが、長くなるので叉の機会にしたいと思います。





Posted by MooderBone on 18.2011   2 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。