• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

秘密兵器?

Category : Tools
IMG_0835.jpg
買ってしまいました。DREMEL300 ハイスピードロータリーツール,いわゆるリューター(ルーター)ってやつですね。
電動リューターといえばPROXXONとDREMELが日本ではメジャーみたいですが、DREMELの方が金属加工には向いてそうなのでこちらにしました。
あとBlack & DeckerのRTX3も良さげでしたが田舎だと売ってるところがないし、通販してるところも見つけられなかった・・・。


中身と付属品
IMG_0839.jpg


このカッティングディスクが特に便利そう
IMG_0840.jpg
今までグラインダーやジグソーで切れなかった狭い場所や細かい所を切るのに活躍しそうです。


YouTubeに使い方の動画があるので紹介

Mnpctech.comって所の動画ですが、ほかにもいろいろCase Modの動画やテクニックのチュートリアルがあります。
Moddingのスタイルがいかにもアメリカ人が好きそうな派手なのばっかりで正直好みでないのですが、テクニックやアイデアは大変参考になります。

スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 15.2010   0 comments   0 trackback

パイプについて

Category : Tools
前回ケースの足をパイプで作ると書きましたが、いろいろ考えた末パイプではなく鉄のフラットバーを曲げて作ることにしました。
でもまだ作業を進めることが出来ませんし、せっかくなのでパイプの曲げ方を紹介します。
曲げ方といってもチューブベンダー(パイプベンダー)を使うだけですが。

IMG_0652.jpg
サブPCに使っているパイプはOST(油圧配管用精密炭素鋼鋼管)という鉄パイプで油圧で動作する機械の配管に使われているものです。比較的曲げやすく穴あけ等の加工も容易で強度もPCケースに使うには十分です。難点は入手性ですが、ブログ主は仕事の関係で手に入ったりします。
サブPCみたいにシャシーの補強やドライブベイに使うぐらいならアルミパイプでも十分だと思います。こちらはホームセンター等で容易に入手できると思います。

で曲げるのに使うのがこれ
IMG_0870.jpg
手動タイプのチューブベンダー(パイプベンダー)です。普通の人にはあまりなじみのない工具だと思います。
これはアメリカのインペリアル社製の364-FHAMというモデルの外径10mm用で、インペリアルのベンダーは精度の高さ、使い勝手に定評があります。

使い方ですが、
IMG_0871.jpg
このようにセットします。左から測って白い線の所で90度曲げたいときは線をLのマークの所にあわせます。

後はレバーをもって「エイヤッ」と曲げるだけです。
IMG_0874.jpg
ちなみに線の所で45度に曲げたいときは上の45のマークに、パイプの右から測って線の所で90度曲げたいときはRのマークにあわせます。

さらに曲げると
IMG_0875.jpg
180度まで曲げることが出来ます。

あとパイプのカット方法ですが、
IMG_0883.jpg
このようなチューブカッター(パイプカッター)を使うときれいにかんたんに切れます。

使い方は後ろのネジになっているところを回すと刃が前後するので、パイプをセットして、
IMG_0880.jpg

後ろのネジを締め付けながらパイプの周りをクルクル回すと簡単に切れます。
IMG_0881.jpg

チューブベンダー・チューブカッターの選び方ですが、ベンダー・カッターによって適合パイプの種類・サイズが違うので、注意してください。
アルミ管・銅管用だったら値段もリーズナブルだと思いますが、ステンレス管・鋼管用は強度が必要なので少し高いです。

パイプをきれいに曲げれると工作的にいろいろ楽しめると思うので、気になる人はぜひやってみてください。
あと溶接が出来るとさらにいろいろ作れそうですが・・・家庭用の溶接機欲しいなあ・・・

Posted by MooderBone on 21.2010   0 comments   0 trackback

Nicholson Magicut

Category : Tools
CaceModの方はぼちぼち進んでいるわけですが、今回は1作目・2作目と比べて手作業の金属加工、特にヤスリがけにかかる時間が多いです。
その理由は、作るパーツが増えたのもあるのですが、前回までならお付き合いのある鉄工所のご好意でレーザー加工機で切っていただいていたようなパーツも今回は自力で加工しているからです。
たとえば電源のプレート、CADで図面を書いたのでそのままレーザーで切ってもらえば手作業でやるより正確できれいに、
そして楽に早くできます。
で、なんでそんな恵まれた環境にありながら手作業でがんばっているかといえば、技能の向上と自分で作ったという(自己)満足感が大きい、という理由ももちろんあるのですが、単に鉄工所の知り合いが忙しそうで以前のように気軽に頼みにくいというのが大きいです。まあ基本的に自分で何かを作るというのか好きなのでがんばって完成度の高いものにしたいです。

前置きが長くなりましたが、ヤスリがけの話にもどるとジグソーやグラインダーのスキルがあれば削る部分も少なくてすむので
ヤスリがけも楽なのですが、技術が貧弱なのでけがき線よりだいぶ内側を切っているので、ヤスリがけ作業が大変です。
今までは小さめの組ヤスリを使っていたのですが、もう少しバリバリ削れるヤスリが欲しくてネットで調べて見つけたのがタイトルのNicholson Magicut
IMG_1135.jpg

技能オリンピック選手が使用との売り文句にポチッっとしてしまいました。
買ったのはESCO便利カタログに載っているPB(ドライバーで有名なメーカー)のヤスリハンドルが付いたお得なヤツです。
サイズは8inch(200mm)、ハンドルは100mm。

カタログで「柄付き」と書いてあったので上の写真のようにきちんと取り付けてある状態で届くのかと思いきや・・・
IMG_1123.jpg
こんな風にバラバラで来ましたw
まあヤスリは柄が付いてなくて別に買うのが普通みたいなので、自分でヤスリの柄を付けるのは初めてですが気を取り直して付けてみました。
IMG_1122.jpg
・・・・ウレタンハンマーで軽くたたいてもここまでしか入りません。
これでは思いっきり叩き込んでも奥まで入りそうにありません・・・
ハンドルの穴をドリルで大きくするのが一番簡単そうですが、ヤスリの差込部分は平べったいクサビ型なので
丸い穴でしっかり差し込めるのか心配です。
ヤスリをバーナーで炙ってハンドルを溶かしながら差し込むことも考えたのですが、失敗して斜めに入ってしまうリスクがあります。
仕方なく細いヤスリで穴をヤスリの差込部分の形に削ることにしました。
ある程度入るところまで削って最後は強く叩きこんで何とか取り付けることが出来ました。

それにしても正しいヤスリの柄の取り付け方ってどうやるのでしょうかねえ?
ググってもよくわからなかったです。


IMG_1133.jpg
このヤスリの特徴であるマジカット(Magicut)と呼ばれる特殊な歯の形状。
この形のおかげで「粗削りから仕上げまで一本で可能」とか「ステンレス等の難削材には抜群の切れ味と耐久性を発揮!」とか「アルミを削っても目詰まりしにくい!」などいいこと尽くしのようです。

肝心の使ってみた感想ですが、普通のヤスリとは削ったときの感覚がかなり違います。
うまく説明できないのですが、普通のヤスリが「ゴリゴリ」削れる感じで、Magicutは「ザクザク」削れる感じ。
抵抗感が少ないというかどれくらい削れているのかよくわからない・・・でも思った以上によく削れているという不思議な感じです。
普通以上によく削れるのは確かですし、歯の形状からして目詰まりしにくいというのもわかります。
削り跡もきれいでうまく使えば仕上げまで一本で可能でしょう。
丸や半丸、細いヤスリがないなどこれ一本で全てOKとはいきませんが、かなりオススメできるヤスリだと思います。

あとPBのヤスリハンドルですが、握りが丸ではなく楕円なのでこちらもクセがあります。
人によって好き嫌いもあるでしょうが、個人的には普通の丸いヤツにしとけばよかったかなあと思ってたりします。
でもまあこちらもじきに慣れるでしょう。安かったので小さいヤツをいっぱい買っちゃたしwIMG_1125.jpg
Posted by MooderBone on 22.2010   0 comments   0 trackback

NICHOLSONのヤスリ

Category : Tools
実はブログ主はハンドツール(工具)大好き人間だったりします。
PCModの話題だけだとこの間みたいにかなり更新間隔が開いてしまう恐れがあるので、
これからはPCModの話題だけでなく手持ちの工具についても時々記事にしていきたいと思います。

今回は技能検定で使うヤスリについてです。
機械組立仕上げ検定二級で使うヤスリは250mm中目と200mm細目の平ヤスリで、(あと組みヤスリも使います)
ネットで色々調べた結果、アメリカのNicholson(ニコルソン)社製をチョイスしました。
ニコルソンといえば以前マジカットヤスリを紹介したことはありましたが、これはごく普通の鉄工ヤスリです。

IMG_2117-1.jpg

上から250mm中目、200mm細目、200mm細目、一番下は以前買った200mmマジカット



なんで200mm細目が二本あるかというと、買い直したからです。
で、なんで買い直したかというと・・・・

IMG_2099-1.jpg

ヤスリを平らな板に乗せて先を正面から撮った写真です。
右が最初に買ったヤツ、左が買い直したほう。
左の方が少し反り返っているのが分かると思います。
で、削ったときにどっちがより平面を出し易いかというと、実は反り返っている左の方なんですよね。
私みたいな初心者が右のほとんど反りがない方で削ると、どうしても手前と奥の方に力がかかって削れ過ぎてしまい、
いわゆるカマボコ型になってしまうんです。
国内メーカーのツボサンは検定用にわざわざ両面にテーパーを付けたヤスリを販売していたりとかします。
さらに右側をよーーく見ると先端がほんの僅かですがねじれているのが分かります。
これも均等に力がかからず、平面が出しにくい原因になります。

では右の方の最初に買ったのが不良品かと言えばそうではないんですね~。
ヤスリは焼き入れをしてあるのでどうしてもソリやネジレがでてしまうみたいです。
もちろん検品によってある程度以上の物は弾かれるんでしょうが、ある程度のバラつきはしょうがないんですね。
技能オリンピックの選手なんかだと100本位の中から選別して使用するみたいです。
最初に買ったヤツも1/100ミリ単位での平面を出さないといけない用途には向かないというだけで、
普通に使用する分には何の支障もありません。


今回、会社にあるツボサンとかの国内メーカーのヤスリと使い比べてみましたが、
切れ味も良く、目詰まりしにくさと肝心の言葉では説明できない使用感が抜群によかったニコルソンのヤスリ。
一流メーカーとして評判がいいのも分かる気がします。
値段も国内メーカー品と比べて同じか少し高いぐらいなので、検定用途だけでなく一般に使うヤスリとしてもおススめです。


それにしても色々と奥が深いヤスリの世界。
まだまだ紹介したいことがたくさんあるのですが、長くなるので叉の機会にしたいと思います。





Posted by MooderBone on 18.2011   2 comments   0 trackback

BETA ドライバーセット1293/D7-JX

Category : Tools
今回は自作PCでも必需品のドライバーの紹介です。

ドライバーといえばスイスのPBや、ドイツのWERA、日本だとVESSELなんかが有名ですが、
紹介するのはちょっとマニアックなヤツですw。


IMG_2357.jpg

イタリアの総合ツールメーカーBETAのドライバーセットです。
BETAといえばFIフェラーリチームのオフィシャル工具なのでご存知の方も多いと思います。

+が3本 -が2本 あと+-のスタビー。 
パッケージに日本語が書いてありましたし、セット内容も完全に日本向けのセットですね。
アメリカやヨーロッパ向けだとプラスが2本でマイナスが4本みたいなセットが多いです。

で、なんでコレを買ったかというと、値段も手頃でしたし、なんといってもデザインがかっこ良かったからですw
本当は仕事で使うつもりでしたが、実物を見てみると、思ったよりプラスチッキーで見た目も実際の重量も軽かったので、
家でPCいじり用に使うことにしました。
軽いので誤ってパーツの上に落としたとき、ダメージが少なくていいです。




IMG_2358.jpg
グリップは最近はやり(?)の硬質樹脂とゴム系のソフトグリップとのハイブリッドで滑りにくいです。




IMG_2360.jpg
丸いグリップに三ヶ所ゴムが貼ってあって後ろから見ると三角形になってます。意外と力がかけやすいです。



IMG_2363.jpg
ちゃんとした?ドライバーなら一般的ですが、シャンク先端はメッキされてません。
コレは精度を出すためとメッキが剥がれ落ちてトラブルにならないようにするためです。





IMG_2368.jpg
磁石なしですがビス(写真はM3のナベネジ)にピッタリフィットして落ちません。
国産ドライバーだと磁石付きのことが多いですが、鉄の切り粉などのゴミがくっつくのが欝陶しいので、
私はあまり好きではないです。




IMG_2367.jpg
ひっくり返してビスを持っても落ちません。
海外ブランドですが国内のJIS規格ネジにも良くフィットしてます。




私が特に気に入っているのがこのスタビードライバー。
IMG_2361.jpg



ドライバーはSnap-onやKTCなどの総合ツールメーカーブランドであっても、
有名・無名のドライバー専業メーカーのOEMであることが多いのですが、
このBETAのドライバーもどこか別のメーカーのOEMなんでしょうかねえ。

・・・・・もし、こんなことが気になりだしたら、あなたもツールマニアの素質アリですww

Posted by MooderBone on 24.2011   2 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。