• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

Cable Sleeving Guide のようなもの その1

Category : Cable Sleeving Guide
電源ケーブルのスリーブ化のやり方については国内外のいろんなサイトで紹介されていますが、
私なりのやり方というかコツみたいなものを紹介したいと思います。
スリーブとヒートシュリンクは好みで何を使ってもいいと思いますが、一応MDPC-Xのを使うことを前提にしておきます。


1.ピン抜きについて

まず、スリーブを被せるにはピンを抜かないといけないのですが、
これが大変というか難しいというか、一番躓きやすいところだと思います。

なんで抜けないか?ですが、ピンの両サイドの羽みたいに飛び出している部分を押さえきれず引っかかっているからで、無理に引っぱっても抜けません。最悪ケーブルがピンから外れてピンだけコネクタのなかに残ってにっちもさっちもいかなくなるということもありえます。

IMG_2186.jpg
この両サイドに飛び出している部分が引っかかっているわけですね。

では、何を使って抜いたらいいかですが、前回記事に書いたようにピン抜き工具とコネクタの相性や個体差によって、
簡単に抜けたりまったく抜けなかったりするので、今のところコレといった決定的な物はないんじゃないかと思います。

専用のピン抜き工具をはじめ
ピンセット・ホッチキスの芯・精密ドライバー・まち針・安全ピン・etc
要はコネクタの穴とピンの間の隙間に両サイド同時にピッタリ入って、飛び出たところを押さえられれば何でもいいんですね。
そのままでは入らなくてもちょっとヤスリ等で加工すればうまくいったりするので、専用のピン抜き工具が手に入らない人はいろいろ試してみるといいかもしれません。

ですが、もしMDPC-Xでお買い物をされるのであれば、ピン抜き工具を買っておくことをおススめしときます。
そんなにバカみたいに高いもんでもないですし、コレで試してみてダメなら他のものを考えても損はないと思います。
今回ダメでも違う電源ならうまくいくかもしれませんし、選択肢が増えるのはいいのではないかと。


何を使うにしろ、うまくピンを抜くには ケーブルを軽く押しながら まっすぐ奥までしっかりと刺す(挿すですねw) これに尽きると思います。
で、そのままケーブルを引っ張るわけですが、ピン抜き工具がすんなり奥まで入ったときは軽く引っ張るだけで抜けるときは抜けます。
ピン抜き工具がきつかったときは少し強めに引っ張ってみます。が、あまり強く引っ張りすぎたり、斜めに引っ張ったりすると工具の曲がり・破損につながりますので注意しましょう。

抜けないときはもう一度まっすぐ挿しなおしてみましょう。
何度挿しなおしても抜けないときは、工具を差したまま少しだけ上下に工具を動かしながらケーブルを引っ張ってみます。
この時コネクタは誰かに持ってもらうか足で押さえておくとよいでしょう。

ここまでやってダメな時や、ハナから工具が薄すぎるようなら違うもので試してみましょう。

それでもダメなときは・・・・・
MDPC-XのNils氏曰く
Experience will make you a master. Every pin can be removed, but you need to learn the technique!
 だそうです。頑張りましょうw

その2に続く・・・
スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 30.2011   0 comments   0 trackback

Cable Sleeving Guide のようなもの その2

Category : Cable Sleeving Guide
ケーブルスリービングガイドのようなもの その2です。
前回はピン抜きの話だけで終わったので今回からが本編みたいなもんです。
内容についてですが、あくまで私のやり方を紹介しているだけで、ほかのやり方を否定するわけではありません。
また、某海外フォーラムのSleeving Guideの内容をかなり参考にしているので、私のオリジナルというわけでもありません。
ケーブルスリービングをこれからやってみようという方や、なんかうまくいかないんだけど・・・という方の参考になれば幸いです。


MDPC Sleeveについて

初めてMDPC-Xでスリーブを買ったときに、想像いていたのとはかなり違うものが来て驚いたのは私だけではないと思います。(わたしだけ?)
まず太い。
ケーブルスリーブは少し脹らませてケーブルにピッタリフィットさせるものだと思っていたのに、ケーブルが中で遊ぶくらい太い。
おまけに少し潰れていて楕円状になっているので、丸くケーブルにフィットさせるには逆にスリーブを伸ばして絞るような感じに縮めないといけない。
ヒートシュリンクも大きい。普通に縮めただけでは完全に固定するのは難しい。
そして硬い。写真で見るとしなやかに見えるが実はかなり硬い。

以上を踏まえて、MDPCを見てスリービングをやってみたけどなんか違うんだよなー同じスリーブ使ってるのにーという人(てか、私のことですがw)も、ちょっとだけMDPCなスリービングに近づこう!というのがこのガイドのようなものの趣旨です。




2 ヒートシュリンク(熱収縮チューブ)を切る

IMG_2146.jpg

きれいに仕上げるにはなるべく同じ長さに切ったほうがいいです。
ケーブル毎に切るのはめんどくさいので事前に必要な数だけ切っておきましょう。
長さはお好みでいいんですが、ケチって短くしすぎるとスリーブが外れやすいので注意しましょう。
私は15mmにしています。

IMG_2139.jpg

ヒートシュリンクは失敗したら再使用できないので多めに買っておいたほうがいいと思います。




3 スリーブの端をあぶる

まず、スリーブの端をライター等であぶって溶かします。これは結構重要です。
IMG_2205.jpg
これは端がほつれないようにするだけではなく、ヒートシュリンクからスリーブが抜けないようにするカエリの役目も果たします。

ライターであぶって溶け始めたら平らな物に軽く押し当てるとまっすぐ適度なカエリができます。
IMG_2212.jpg


このカエリがないほうがヒートシュリンクをかぶせて縮めたときにきれいなんですが、
あとでこんなことになって泣くことになります。
IMG_2149.jpg

でも、あまりやり過ぎるとボコボコしてカッコ悪いので程々に。




4 スリーブをかぶせる

あぶった端からケーブルをスリーブに入れていきます。
MDPCのスリーブは太いので結構すんなりと入っていきますが、先端のピンが引っかかったら次のようにします。
片手でスリーブがケーブルにかぶさっている部分をしっかり持ち、もう片方の手でスリーブがケーブルにかかってない部分を持ってスリーブを縮めます。
IMG_2219.jpg
IMG_2220.jpg
するとスリーブが膨らんでピンに引っかからなくなります。
縮めた方の手で今度はスリーブとケーブルを握って、最初に握ったほうの手を離すとスリーブがびょーんと伸びてケーブルに被さっていきます。
IMG_2221.jpg
コレの繰り返し。




5 スリーブを切る

まずピンが刺さっているコネクタの長さを測っておきます。
IMG_2223.jpg
この場合は20mmですね。
ピンの先端からこの長さのところにスリーブの端がくるようにヒートシュリンクで固定することになります。
実際はコネクタにピンを挿すと口から1mmほど奥まったところで止まるので、
コネクタとスリーブの間に1mmほど余裕ができることになります。


ケーブルの両端がピンの場合はピンの先端から先程測った長さ(20mm)の2倍(40mm)のところまで、
IMG_2227.jpg
ケーブルの途中でスリーブを止めたいときはその場所の20mm手前までスリーブをかぶせて、
動かないようにケーブルと一緒にしっかりと握ります。
IMG_2232.jpg

もう片方の手でスリーブを絞るような感じで伸ばしてケーブルにフィットさせます。
IMG_2240.jpg
IMG_2239.jpg


ケーブルの端のピンのところまで絞っていって、ピンのところで折り返します。
IMG_2244.jpg

IMG_2242.jpg
折り曲げたところをハサミでカットします。
カットしたら反対側と同じようにライターであぶっておきましょう。

長さの確認をします。
IMG_2249.jpg
マジックで印をつけたところがスリーブの端になるところです。
何もしない状態ではスリーブの長さが少し短いはずです。
スリーブを伸ばして絞った状態で長さ確認をして、長すぎるときはカット、
短すぎたら・・・・ やり直すか妥協して目立たない側を短くするかはあなた次第です。


スリーブを伸ばして絞ると、当然縮もうとする力が加わるのでヒートシュリンクから外れやすくなるのですが、
見た目がかなり変わります。
まっすぐ伸ばした状態ではあまり違いが感じられないかもしれませんが、曲げてみると・・・
IMG_2293.jpg
これくらい差が出ます。
めんどくささがかなり増しますがやるだけの価値はあると思います。


その3に続く・・・
Posted by MooderBone on 01.2011   0 comments   0 trackback

Cable Sleeving Guide のようなもの その3

Category : Cable Sleeving Guide
ケーブルスリービングガイド のようなもの その3 です。



6 ヒートシュリンクを縮めて固定する

一番出来栄えを左右するところです。

ピンの先端からコネクタの長さ分(20mm)の所でスリーブをしっかりと握って固定します。
IMG_2255.jpg


ヒートシュリンクをケーブルをクランプしてあるところの少し上までかぶせます。
IMG_2262.jpg


ヒートガン等でヒートシュリンクを縮めます。
この時一気に縮めるとヒートシュリンクが動いて位置がずれたりするので、最初に少し縮めて、
IMG_2264.jpg

大丈夫なようなら完全に収縮させます。
IMG_2311.jpg



コネクタにきちんと差し込めるか確認します。
IMG_2300.jpg



IMG_2284.jpg
ケーブルをクランプしてある部分のヒートシュリンクが当たってコネクタに入らない場合、
もう一度ヒートガン等で温めて柔らかくしてやると入りやすくなります。

IMG_2286.jpg
少しめくれてしまっても、温めると元に戻ります。




以下は悪い例です。

スリーブの位置がピンに近すぎるとピンがコネクタに入りきりません。
IMG_2280.jpg


反対に遠すぎるとスリーブをあぶって作ったカエリのボコボコが目立ってしまいます。
IMG_2283.jpg


ヒートシュリンクがケーブルのクランプ部分にかかってないと、スリーブが固定されなくてヒートシュリンクごと動いてしまいます。
IMG_2276.jpg



問題があるようならスリーブの端の位置とヒートシュリンクの位置を修正してやり直しです。
やり直した場合は修正した位置の寸法を覚えておき、2本目以降はその位置で固定させます。





7 反対側の固定

反対側ですが、両端がピンの場合はスリーブをしっかり伸ばして絞ってやって、同じことの繰り返しです。
スリーブが動かないようしっかり固定してやります。

問題はプラグインでない電源のようにケーブルの途中で固定しなければならない場合です。
そのままヒートシュリンクを収縮させたのでは、ヒートシュリンクごと動いてしまいます。
IMG_2273.jpg

何とかしてピンのクランプ部分のような引っかかる部分をケーブルの途中に作らなければなりません。

そこで用意するのが一回り細いヒートシュリンクです。
見えなくなるので何色でもかまいません。
これを10mm位に切ってスリーブを被せる前にケーブルに通しておきます。
IMG_2274.jpg

スリーブの端がくるところの5mm先位で収縮さて、引っかかりにします。
IMG_2291.jpg

後は、このヒートシュリンクに被せるように固定すればOKです。

ただ、この方法も完璧ではなく、強く引っ張ると動いてしまうことがあるので、
他にいい方法がないか模索中です。




8 2本目以降
2本目以降は1本目をお手本にして全く同じように作ればいいのですが、
ヒートシュリンクを縮めるときに端を揃えるようにしましょう。
IMG_2303.jpg

1本目をコネクタに刺さずにガイドにして、ヒートシュリンクを縮めるときに隣に当ててみるのが一番確実ですが、
ピンの挿し間違えには十分気をつけましょう。
全てのヒートシュリンクを全く同じ位置に揃えるのはかなり難しいので、どこで妥協するかで出来栄えが違ってきます。




以上でとりあえず終わりです。
私がこのガイドの内容を実践した結果どれくらい上達したかというと・・・・

Before
IMG_2312.jpg

After
IMG_2317.jpg

・・・・・・・・・・・ちょっとは進歩してるかな・・・・・。

エラソーに書いておきながら私の実力なんて所詮こんなモンです・・・。

SATAケーブルなどその他のケーブルについては気が向いたら記事にしようと思います。


Posted by MooderBone on 02.2011   4 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。