• 1 MBM003
    【CPU】Phenom II X6 1090T BE
    【クーラー】水冷
    【M/B】MSI 870A-G54
    【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
    【HDD】WD20EARX *2
    【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
    【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
    【光学ドライブ】AD-7240S Black
    【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
    【ケース】フロンティア神代 G-Break改
  • 2 MBM003
    【Water Block】
    【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
    【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

    【Radiator】
    Black Ice GT Stealth 240
    Black Ice GT Stealth 120*2

    【Water Pump】
    JINGWAY DP-600PN

    【Reservoir】
    Phobya Balancer 150 Black Nickel
    MBM Original

    【Fitting】
    EnzoTech
    Bitspower

    【Tube】
    Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8
  • 3 MBM003

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MooderBone on --.--

MBM003 Worklog をまとめてみる

Category : 忙しい人用
先日、techPowerUP!のCase Mod GalleryにMBM003を投稿し、
ついでにWorklogとしてこのブログのリンクを貼っていた所、思った以上に海外からのアクセスが増えました。
(詳しくは世界征服計画の結果として後日記事にします)

ここで問題なのが、約2年にわたってだらだらやってきたので、Worklogとしての記事数が52とやたら多いこと。
しかも、もちろん全て日本語なので、日本語が読めない方にとっては何が何やらさっぱりわからないであろうと思われることです。
せっかく訪問してくれたのにそれではあまりにも申し訳ない・・・。

そこで、ちょっと頑張ってMBM003のWorklogを写真中心でまとめて、簡単な英語の説明をつけてみようかと思います。

とはいえ、悲しいことにそんな英語力はブログ主には無いので取り敢えず日本語でまとめて、それをそっくりそのままGoogle翻訳にかけてしまうという大変安易な方法を取ろうかと思っています。
まあ、ちょっとは修正しますがw。

で、せっかく日本語でもまとめるので、それもついでに公開しちゃいます。
こんな長いログなんか読んでられねーよって言う人や忙しい人用ですねw。

なるべく正しく翻訳されるようにちょっと不自然な日本語になると思いますが、まあそれも面白いのではないかとw。

また、まとめた部分ごとに該当する過去記事へのリンクも貼ろうと思いますので、Worklogのインデックスとしても活用できるかもしれません。



では、次回から日本語でまとめた分から、その後順次英語バージョンを公開していきます。
スポンサーサイト
Posted by MooderBone on 05.2012   0 comments   0 trackback

MBM003 Worklog まとめ 1

Category : 忙しい人用
Photobucket
構成
【CPU】Phenom II X6 1090T BE
【M/B】MSI 870A-G54
【Mem】SanMax DDR3-1333 4GB*4
【HDD】WD20EARX *2
【SSD】m4 SSD CT128M4SSD2
【VGA】SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5
【光学ドライブ】AD-7240S Black
【電源】CORSAIR CMPSU-650HXJP
【ケース】フロンティア神代 G-Break改


【Water Block】
【CPU】EK-Supreme LT AMD Acetal+Nickel
【VGA】EK-FC5770 - Black Acetal+Nickel

【Radiator】
Black Ice GT Stealth 240
Black Ice GT Stealth 120*2

【Water Pump】
JINGWAY DP-600PN

【Reservoir】
Phobya Balancer 150 Black Nickel
MBM Original

【Fitting】
EnzoTech
Bitspower

【Tube】
Tygon R3603 Tubing ID3/8-OD5/8



Index(クリックするとジャンプします)

0 オリジナルのケース
1 アンダーパネルに足をつける
2 ドライブベイ
3 フロントパネル
MBM003 Worklog まとめ 2 →





 





0 オリジナルのケース

IMG_0809.jpg
IMG_0811.jpg
IMG_0813.jpg
IMG_0815.jpg
IMG_0821.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
やっとスタート



 





1 アンダーパネルに足をつける


鉄のフラットバーを曲げます。3mm厚・幅19mmです。
リードバイスにはさみます。ハンマーでたたきます。
IMG_1003.jpg

丸い棒を一緒にはさみます。ハンマーでたたきます。
IMG_1005.jpg

同じものを二本作ります。
IMG_1010.jpg

小さなステーをつくり、M5のねじ穴を作ります。
IMG_1011.jpg

足に穴を開けて、アンダーパネルに取り付けます。
IMG_1015.jpg
IMG_1017.jpg
IMG_1021.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。




 





2 ドライブベイ


鉄のフラットバーをカットします。
IMG_1036.jpg

曲げます。
IMG_1083.jpg

Φ5.8mmの穴とM5のねじ穴をあけます。
IMG_1106.jpg

HDDをつけてみます。
IMG_1067.jpg

一つ。
IMG_1074.jpg

全部。
IMG_1114-1.jpg
IMG_1118-1.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
ドライブベイ その1
ドライブベイ その2



 





3 フロントパネル

シャシーのフロント部分をジグソーを使って切ります。
IMG_1026.jpg

インナーフロントパネルを作ります。
グラインダーとジグソーで厚さ1.6mmの鉄板を切ります。
IMG_1031.jpg
IMG_1033.jpg

シャシーにM4の皿ねじで取り付けます。
IMG_1102.jpg



フロントサイドのエアー吸入用スリットを作ります。
アルミのフラットバー(幅10mm 厚2mm)を切ります。
IMG_1204.jpg

フラットバーに穴をあけます。
IMG_1210.jpg

φ6mmのOSTパイプを2.5mmにカットします。
IMG_1215.jpg
IMG_1221.jpg

これらに皿ねじを通します。
IMG_1224.jpg

鉄のフラットバーを曲げまて穴をあけます。
IMG_1272.jpg

シャシーに取り付けます。
IMG_1276.jpg


フロントパネルを曲げます。
厚さ1.6mmの鉄板です。
私は折り曲げ機を作りました。
IMG_1251.jpg
IMG_1253.jpg
IMG_1207.jpg
IMG_1278.jpg

小さなサイドカバー。
IMG_1389.jpg
IMG_1392.jpg
IMG_2079.jpg

フロントファン
ENERMAX T.B.Silence UCTB14
IMG_1463.jpg

アルミのアングル(12mmX12mm)を使って、ファンがぴったりはまる枠を作ります。
IMG_1467.jpg

奥にあるドライブベイのフラットバーに右側2ヶ所だけボルトで固定しています。
IMG_1472.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
フロントパネル その1
フロントパネル その2
フロントパネル その3
フロント周りいろいろ




MBM003 Worklog まとめ 2 に続く
Posted by MooderBone on 06.2012   4 comments   0 trackback

MBM003 Worklog まとめ 2

Category : 忙しい人用


Index(クリックするとジャンプします)

4 フロントI/Oパネル
5 電源取り付け
6 バックグリル
← MBM003 Worklog まとめ 1          MBM003 Worklog まとめ 3→


 





4 フロントI/Oパネル



Ainex 5インチベイ マルチフロントI/Oパネル PF-113CR
IMG_1144.jpg

基盤をすべて取り外して、後ろの部分をDREMELでカットします。
IMG_1146.jpg
IMG_1147.jpg

ステーを作ってシャシーに取り付けます。
M3のボルトを使います。
IMG_1162.jpg
IMG_1163.jpg
IMG_1165.jpg
IMG_1166.jpg

扉をつけます。
フロントパネルを切ります。
IMG_1297.jpg
IMG_1301.jpg

切り取った部分に合うように扉を作ります。
ジグソーでカットした後、折り曲げ機で折り曲げます。
IMG_1307.jpg
IMG_1310.jpg

ミニラッチをつけます。
IMG_1346.jpg

オスとおなじ形のものを折り曲げた部分を削って作ります。
IMG_1316.jpg
IMG_1320.jpg
IMG_1321.jpg

ステーを作ってシャシーに取り付けます。
IMG_1327.jpg
IMG_1335.jpg
IMG_1340.jpg
IMG_1375.jpg

ラッチのメス側をつけます。
IMG_1348.jpg
IMG_1360.jpg
IMG_1382.jpg

完成。
IMG_1363.jpg
IMG_1371.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
フロントI/Oパネル
I/Oパネル扉その1
I/Oパネル扉その2




 






5 電源取り付け


CORSAIR CMPSU-650HXJP
IMG_1512.jpg

プレートを作ります。
IMG_0901.jpg
IMG_0902.jpg
IMG_0903.jpg
IMG_0912.jpg

その後、プレートを作り直しました。
IMG_1515.jpg


電源を後ろから入れられるようにシャシーを切ります。
IMG_0926.jpg
IMG_1517.jpg

電源を下から支えるステーをアルミのアングルで作ります。
IMG_1522.jpg

アンダーパネルに空気吸入口をあけます。
ホールソーを使って穴をあけます。
IMG_1523.jpg

ジグソーで切ります。
IMG_1526.jpg

完成。
IMG_1531.jpg
IMG_1537.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
電源スペースの改造 その1
電源スペースの改造 その2
電源取り付け



 





6 バックグリル


マザーボードトレイの後ろ側。
ラインを引いた部分を切り抜きます。
IMG_1552.jpg

アルミのアングルをカットして、等間隔に穴をあけて、M3のタップでねじ穴を切ります。
IMG_1561.jpg

M3のナベネジをねじ込みます。
IMG_1562.jpg

ネジにアルミパイプ(φ4mm)を突っ込みます。
IMG_1566.jpg

マザーボードトレイに取り付けます。
IMG_1577.jpg
IMG_1579.jpg

もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
うしろ





MBM003 Worklog まとめ 3 に続く
Posted by MooderBone on 12.2012   2 comments   0 trackback

MBM003 Worklog まとめ 3

Category : 忙しい人用
Index(クリックするとジャンプします)

7 ラジエーターの設置
8 DVDドライブの取り付け
9 ファンコントローラー設置
10 トップパネル・サイドパネル
← MBM003 Worklog まとめ 2          MBM003 Worklog まとめ 4→


 





7 ラジエーターの設置


元々5インチドライブベイだった部分にラジエーターを設置します。
IMG_1401.jpg
Black Ice GT Stealth 120 x2
GELID Silent12 x3

元5インチドライブベイのサイドをグラインダーで切り抜きます。
IMG_1425.jpg

ラジエーターの取り付けステーの作成です。
IMG_1433.jpg

自作折り曲げ機で折り曲げ。
IMG_1435.jpg

先にラジエーターにM4サラネジで取り付けておきます。
IMG_1449.jpg

ケース側にΦ5mmの取り付け穴をあけます。
IMG_1444.jpg

M4のボタンボルトで取り付け。
IMG_1451.jpg

ただ、このままではフィッテイングがシャシーと干渉します。
IMG_2030.jpg

そこで、ファンとラジエーターの間にシュラウドをはさむことにします。
不必要なファンのフレームだけ利用します。
IMG_2037.jpg

取り付けます。
IMG_2039.jpg
アンダーパネルをはずして下側から撮った写真です。
左から、ファン・ラジエーター・ファン・ラジエーター・シュラウド・ファンです。


天井裏にもラジエーターを設置します。
取り付けるラジエーターはBlack Ice GT Stealth 240です。

ラジエーターのブラケット部分の穴位置と形をCADで描いてプリントアウトしておきました。
IMG_1583.jpg

それを天井に貼り付けて、コーナーと穴位置部分をポンチングします。
IMG_1586.jpg

印がついた所を線でつないで切り抜く部分に線を引きます。
IMG_1589.jpg

DREMELでカット。
IMG_1593.jpg

仕上げ。
IMG_1599.jpg
IMG_1605.jpg

Φ5mmの取り付け穴をあけます。
IMG_1608.jpg

ラジエーターを付けてみます。
IMG_1609.jpg
IMG_1611.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
ラジエーターの設置
続き
ラジエーターの設置 天井編




 





8 DVDドライブの取り付け


写真には全く写っていませんが、光学ドライブはSony Optiarc AD-7240S です。
まず、アルミのパンチングメタルでカバーを作ります。
IMG_1508.jpg

ドライブベイの最上段に取り付けます。
IMG_1486.jpg
フラットバーで作ったステー2コで天井と固定。(後で手前側のステーは取り外しました。)
カバーとカバー下側のフラットバーもボルトで固定してます。

フロントパネルに穴をあけてトレイの開口部分を作ります。
IMG_1487.jpg
トレイ部分のカバーは両面テープで貼りつけてあります。

トレイ開閉ボタンを作ります。
IMG_1491.jpg
石のビーズ、グルーガンと釣り糸を使います。

フロントパネルの開閉ボタンがある部分に穴をあけて、
パネルの裏側から釣り糸を通したビーズを穴に入れてグルーガンで釣り糸を固定します。
IMG_1501.jpg

この石のビーズでトレイ開閉ボタンを押します。
IMG_1505.jpg



もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
DVDドライブの取り付け




 





9 ファンコントローラー設置


LAMPTRON Fan Controller FC5
IMG_1613.jpg

アルミのパンチングメタルでカバーを作ります。
IMG_1632.jpg

鉄のフラットバーを曲げてステーを作ります。
IMG_1639.jpg

シャシーに取り付け。
IMG_1640.jpg

完成。
IMG_1645.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
ファンコントローラー設置





 





10 トップパネル・サイドパネル


天板です(t1.6mmの鋼板)。
自作折り曲げ機で曲げようとして、折り曲げ機を壊してしまったので、
会社の機械(プレスブレーキ)で曲げてもらいました。
IMG_1656.jpg

ラジエーターファン用の穴を開けます。
四隅にホールスソーで穴を開けて、
IMG_1667.jpg

ジグソーでカット。
IMG_1668.jpg

鉄のフラットバーを曲げて、天板を載せるステーを作ります。
IMG_1680.jpg
IMG_1684.jpg

アルミのフラットバーでスリットを作ります。
IMG_2084.jpg

アルミのパイプでファングリルを作ります。作り方はバックグリルと同じです。
IMG_1676.jpg

IMG_1693.jpg

サイドパネルに窓を作ります。
IMG_1698.jpg
IMG_1702.jpg
IMG_1736.jpg

おもて
IMG_1737.jpg


うら
IMG_1739.jpg

ファングリル。作り方はバックグリルと同じです。
IMG_2128.jpg
IMG_2127.jpg
IMG_2129.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
天板
サイドパネル
2万円だとぉー




MBM003 Worklog まとめ 4 に続く
Posted by MooderBone on 15.2012   0 comments   0 trackback

MBM003 Woeklog まとめ 4

Category : 忙しい人用
Index(クリックするとジャンプします)

11 パワースイッチ
12 ウォーターポンプ
13 リザーバー
← MBM003 Worklog まとめ 3          MBM003 Worklog まとめ 5→


 





11 パワースイッチ



ビー玉を使ってパワースイッチボタンを作ります。
IMG_1812.jpg

鉄のフラットバーをフロントの最前面にあるフラットバーの裏にサラネジで取り付けます。
IMG_1792.jpg

その上に鋼板(t1.6mm)をサラビスで止めます。
IMG_1797.jpg

いったん板を取り外し、ビー玉より少し小さい穴を開けます。
IMG_1805.jpg
IMG_1807.jpg

裏から薄板でビー玉を押さえます。
IMG_1815.jpg
IMG_1816.jpg

表から
IMG_1813.jpg

スイッチやLEDがつく基盤を作ります。
IMG_1879.jpg

ビー玉でちょうどスイッチが押せる高さに基盤が来るようにパイプで高さを調整します。
IMG_1884.jpg

ハンダ付けして取り付け。
IMG_1892.jpg
IMG_2580.jpg

白のテープLEDを基盤を取り付けてあるパイプの周りにビー玉を囲うようにぐるっと巻きつけます。
IMG_2597.jpg
明かりが漏れないようにアルミのアングルと薄板でカバーを作ります。

ケースに付けてみます。
IMG_2609.jpg
IMG_2608.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
Power Switchなど
Power Switchなど その2
フロントスイッチを光らせよう!




 





12 ウォーターポンプ


ポンプを下部ラジエーターに直付けします。
フィッティングでつないだあと、その位置で固定できるようにステーを作ります。
IMG_2336.jpg

ポンプはJINGWAY DP-600PN
ラジエターはBlack Ice GT Stealth 120 x2です。
IMG_2350.jpg
IMG_2354.jpg

このユニットごとケースに取り付けできます。
IMG_2341.jpg
IMG_2343.jpg
IMG_2346.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
ラジエーター付きポンプ




 





13 リザーバー


Phobya Balancer 150 Black Nickel
IMG_1544.jpg

ホルダーを作ります。
鉄のフラットバーを曲げました。
IMG_2380.jpg

この位置に取り付けます。
IMG_2393.jpg

もう一つ、天井裏にリザーバーを設置します。
100円ショップのコレクションボックスを使って自作します。
IMG_2397.jpg

穴を開けます。
IMG_2401.jpg

BitspowerのCaseTop Water-Fill SETで穴を挟んで90度フィッテイングを付けます。
IMG_2518.jpg

蓋を作ります。
上から、1.6mm鉄板の上蓋・3.0mmアクリル・1.0mmゴム板(水浸漏れしたのでクロロピレンの防振シートに変えました)・1.6mm鉄板の底板 です。
IMG_2405.jpg

パイプを挟んで長めの皿ネジで組み立てます。
IMG_2485.jpg

天板にのぞき窓を開けて設置。
IMG_2489.jpg


もっと詳しく知りたいですか?ここをクリックしてください。
リザーバー その1
リザーバー その2


Posted by MooderBone on 16.2012   0 comments   0 trackback
 HOME 

WELCOME

Thank you for visiting my blog.
If you can't read Japanese,
Summary of Worklog in English is here.(Not complete yet)
You want to know more,try Web Translation below.

Author:MooderBone

I love MDPC!
主にPC Case Mod について書いてます。
コメント歓迎します!
手っ取り早くワークログが見たい人はCATEGORIES欄の"忙しい人用"をどうぞ。

TRANSLATION

CALENDAR

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MY WORKS

LINKS

FC2 COUNTER

SEARCH

Where You From?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。